※本サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告が含まれる場合があります。

【断念】会社でメカニカルキーボードの使用を諦めた話

ガジェット

メカニカルキーボードといえば、打鍵した時のクリック感とカチカチとした音が特徴で、見た目がカッコよく、プログラマーやゲーマーをはじめとした熱狂的ファンも多いキーボード。

職場で使用していたキーボードが壊れたのを機に、会社用としてメカニカルキーボードを導入したが、結果使用を断念することにしたので、それに至った経緯を解説したい。

メカニカルキーボードはうるさい

筆者は過去にRazerの青軸や、ロジクールのK835赤軸などメカニカルキーボードを使用していたことがあり、メカニカルキーボードの打鍵音がうるさいのは分かっていた。

ロジクールK835に関しては、メカニカルキーボードに多く見受けられる響くような底打ち音がしていたから、対策として静音リングを装着していた。

それでもメンブレン式(パンタグラフ)や静電容量無接点方式に比べて打鍵音がうるさかった。

静音性重視でKeychron K3赤軸を購入

会社でメカニカルキーボード使用にあたり、なによりも重要視すべきは打鍵時の静音性。

当初は、静かなタクタイルスイッチを謳っているロジクールMX MECHANICAL MINIを購入するつもりだったが、実際店舗で試し打ちしたら対して静かではなかった。

秋葉原のヨドバシカメラにあるメカニカルキーボード全種類試打した結果、Keychron K3赤軸の打鍵音が比較的静かで、打ち心地も良かった。

因みに、Keychron K3の日本語配列は矢印キーの配列が特殊で使いずらかったから、意を決して人生初の英語配列モデルを購入した。

新しくKeychron K3を迎え入れ、実際に会社で使ってみたのだが、記事のタイトル通り使用を断念することにした。ここからは断念した理由3つを解説していきたい

周りの人にとってはノイズになっている可能性がある

Keychron K3赤軸は、他のメカニカルキーボードに比べると打鍵音が静かな部類。
筆者としては、周りにも迷惑がかからないレベルだろうと思っていたが、その考えを改める出来事があった。

会社でメカニカルキーボードを使い始めて2ヶ月ほど経った頃、新人が入社してきた。
その新人はキーボードを叩く音がうるさく、時々社内でも話題になっていた。

癖でキーを強く叩く人もいれば、ストレスによって強く叩く人もいる。

どちらも共通点として、本人は無意識で気づいていない。

これに気づいた時、メカニカルキーボードを使っている自分にとっては心地よい打鍵音であっても、周囲にとってはノイズになる可能性が高いと再認識した。

優しく打鍵を意識するのは無駄

会社でメカニカルキーボードであるKeychron K3を使用するにあたって、周りに気を使い、優しくキーをたたいて極力音を出さないようにしていた。

そうして使っているうちに、物事を思考しながら文書作成などの作業をしている時も、「優しくキーを打たないといけない」が思考の一部に入ってきて集中しにくい。

逆にめちゃくちゃ集中できていた時は、「優しくキーを打つ」を忘れているだろうから、周りに確実にうるさいと思われていたと思う。

ノートパソコンのキーボードを使った時の違和感

職業にもよるが会社に就職すると基本的にはノートパソコンが貸与され、営業職や在中プログラマーなどの場合、ノートパソコンを持ち運んで使用する機会も多い。

会社ではメカニカルキーボードなのに、ノートパソコンを持ち運んだ時は薄型のパンダグラフキーボードだと、打鍵感が異なりすぎて違和感があり、それによってミスタイプも発生しがちだった。

ノートパソコン自体のキーボードを使う機会が多いなら、外付けを用意する場合もパンタグラフ式のキーボードに統一した方がミスタイプが減り、作業効率を落とさず済みそう。

結果的にロジクールのMX keys miniを買い直すことに

前項で記述した理由でKeychron K3はお蔵入りとなり、会社でメカニカルキーボード使用は断念することにした。

そこで次なるキーボードはパンタグラフ式から選ぶことにして、ロジクールのMX keys miniを購入した。良いキーボードと思うが1.5万は高すぎる。

MX keys miniについては別記事でレビューしている。

会社でメカニカルキーボードを使うなら環境が大事

プログラマーや開発系のシステムエンジニアのような職種の場合、メカニカルキーボードや静電容量無接点キーボードなど、社員各々が好みのキーボードを使っているケースも多い。

つまり職場の環境によっては、好みのキーボードを使うのが普通であり、多少打鍵音が大きいキーボードであろうが、お互い理解が得られやすい。

逆を言えば、会社支給のキーボードを使っている人しかいない環境でメカニカルキーボードを使用するハードルは相当高い。

実際に職場でメカニカルキーボードを使うことで確証に

結果として会社でメカニカルキーボードの使用を止めることにしたが、正直導入前の時点でハードルを感じていたし、断念する可能性さえ想定していた。

それでもメカニカルキーボードの使いたい気持ちが勝ったことにより「静かな軸なら大丈夫かも」「優しく打てば音を抑えられる」と思ったが故の失敗。

社員の多くが持ち込みでキーボードを使っているような場合を除き、会社でのメカニカルキーボード使用は諦めたほうが波風がたたないだろう。

タイトルとURLをコピーしました